もう迷わない!おすすめパワーサプライ5選

エフェクターボードを組み込む際に必須とも言えるパワーサプライ。

各メーカーから様々な種類のパワーサプライがでています。

どのパワーサプライを購入しようか迷ってる人もいると思いますので、今回は目的別におすすめのモノを紹介したいと思います。

お手軽価格のものが欲しい人向け

MAXON / PD01

国産エフェクターでおなじみMAXONのパワーサプライです。

安心の純国産です。

お手ごろ価格で初心者の方も手がつけやすい価格だと思います。

9V出力7つ搭載、合計300mAまで供給できます。

消費電力の多いデジタルエフェクターを多様しないのであればPD01で十分だと思います。

サイズ:112 x 60 x 37 mm

省スペースなものが欲しい人向け

Noah’sark / DC-STICK

Noah’sarkから発売されているDC-STICKは名前の通りスティック状のパワーサプライです。

エフェクターボードの隅に配置すればスマートに組み込むことが出来ます。

形状の特性上、配線もしやすいのでおすすめです。

また、出力が新品の電池同様、約9.6Vとなっているのでアナログの歪みエフェクターにハリが出ます。

LINK OUT端子からDC-STICK同士を繋げれば最大14台のエフェクターを使うことが可能です。

サイズ:201 x 23 x 26 mm

重量:170g

VOCU / Baby Power Plant

VOCUのBaby Power Plantシリーズです。

小型サイズながら最大で13個のエフェクターへ電力を供給することが出来ます。

Baby Power Plantには4つ種類があり、

  • ・9V出力が13個あるtype-A
  • ・9V出力11個、12V出力1個、18V出力1個のtype-B
  • ・パワーサーキットが2つ搭載、9V出力6個+9V出力6個+12V出力1個のtype-C
  • ・5V から 12V の電圧可変出力を2個、9V 固定出力を4個ついたtype-V

と様々なタイプがあります。

さらに、公式HPからはカスタムオーダーメイドで注文することが出来ますので自分好みのタイプに仕上げることが出来ます。

VOCU 公式HP

SIZE : 98 x 41 x 34 mm

重量:200g

ローノイズなモノが欲しい人向け

VooDoo LAB / PEDAL POWER2 PLUS

定番のペダルパワー2です。

ノイズの少ないパワーサプライを選びたいのであればコレで間違いはないでしょう。

アイソレート出力なのでグラウンドループが発生しないのでハムノイズが無く、デジタルエフェクターとアナログエフェクター混ぜてもノイズが発生しません。

背面にあるDIPスイッチをONにすると12.3V出力にすることが可能です。

200W対応のコンセントも1つ付いています。

このペダルパワーはペダルトレインとの相性もよく、ボード裏に取り付けて省スペース化できます。

定番だけあって多くのプロも使っている、おすすめのパワーサプライです。

サイズ:152 x 86 x 45 mm

重量:0.9 kg

Electro Harmonix / POWER TANK

エレハモから発売されているPOWER TANKです。

こちらのパワーサプライは充電池が内蔵されたパワーサプライなので、ACアダプタ由来のノイズが発生しません。

2000mAhのリチウムイオンポリマー電池なのでアナログエフェクターだけなら1回の時間で数時間は使えますね。

デジタルエフェクターは消費電力が多いので少し使用時間は短くなります。

しかし、充電池式なのでアダプタを使わずに使用することはもちろん、アダプタをつないで充電しながら使用することも出来ます。

寸法:209 x 44 x 30 mm

重量:461g

他にも色々ありますが…

ここで紹介したものはパワーサプライの中でもほんの一握りで、様々な種類のものが発売されています。

さすがにあれもこれもと紹介は出来ませんので…ひとまずおすすめのパワーサプライを紹介しました。

もちろん高価なものほど高性能ですが、予算やエフェクターボードの規模などと相談してみて自分にあったパワーサプライをチョイスしてください!