エフェクターのかさ上げにおすすめのアクセサリー3選

エフェクターボードを組み立てているときにデッドスペースが生まれてしまったり、奥にあるエフェクターが踏み辛くなったりしたことはありませんか?

ほんの少しの工夫で使いやすいシステムを組み立てることが出来ます。

今回はエフェクターをかさ上げ出来るおすすめの商品をご紹介します。

PEDAL RISER

STAGETRIX (ステージトリックス)のPEDAL RISERは上下左右に空間があり、パッチケーブルやDCケーブルを通すことが出来るかさ上げアイテムです。

価格は1,500円前後です。

Stomp Stage

CUSTOM AUDIO JAPAN(カスタムオーディオジャパン)から発売されているStomp Stageです。

大きめのエフェクターを乗せるのにおすすめです。

また、高さや角度を調節できるので様々なシチュエーションに対応できます。

4,500円前後と若干高価な商品です。

pedal tall

当店オリジナル商品のpedal tallです。

直方体のシンプルなかさ上げアイテムで、各サイズが揃っているので様々なエフェクターに対応できます。

重量も数gととても軽量なのでエフェクターボードを重くすることなくかさ上げすることができるのでおすすめの商品です。

価格も2つ1セットで150円~と非常にリーズナブルです。

22001001--0122001002--01

エフェクターをかさ上げするメリットとは

わざわざエフェクターをかさ上げするメリットとは何でしょうか?

そこには3つのメリットがあります。

配線に無駄が無くなる

エフェクターをかさ上げすることによりエフェクター本体の下に空間が出来るのでパッチケーブルやDCケーブルを通すことが可能になります。

効率よく配線することができ、エフェクターボードもスッキリします。

エフェクターが踏みやすくなる

奥に配置されたエフェクターは手前のエフェクターに邪魔をされ、とても踏み辛くなってしまいます。

かさ上げをすることによりストレス無くスイッチを踏むことが出来ます。

デッドスペースを無くすことが出来る

スイッチャーの配線等によってエフェクターボードのスペースを使ってしまっても、エフェクターをかさ上げすればスペースを有効活用できるのでシステムの構築に幅が広がります。

エフェクターかさ上げのススメ

このように少し工夫するだけでとても使いやすいエフェクターボードを構築することができます。

特にpedal tallはとてもリーズナブルにかさ上げすることが出来ますのでおすすめです。

これを機に一度自分のエフェクターボードを見直してみてはいかがでしょうか?