意外と使ってる?おすすめ出来ないパッチケーブル

当ブログにも「パッチケーブル おすすめ」のキーワードで検索してくる人がチラホラ見られます。

おすすめしたいパッチケーブルはたくさんありますが、あまりおすすめ出来ないなーというタイプも存在しているので、今回は逆に「おすすめしないパッチケーブル」をご紹介します。

BELDEN 8412のパッチケーブル

「シールドは8412だからパッチケーブルもお揃いにしたる!」って方もいるかもしれませんが、個人的にはあまりおすすめしません。

というもの、8412の特徴といいますかデメリットといいますか…

とにかく硬い!

硬いということは元の形に戻ろうとする力が強いのでエフェクターのジャックに負担がかかってしまいます。

短いパッチケーブルだと更に負担がかかりあまりおすすめは出来ません。

とはいってもシールドとしては王道ですので普通にシールドとして使うのは全く問題ありません。

連結プラグ

パッチケーブルではありませんが、こういったタイプのものです。

こちらは8412以上にジャックに負担がかかります。

使ったことがある方は分かるかもしれませんが、ジャックのナットがすぐに緩んでくるほどです。

省スペースに使えて便利そうですが、やはりパッチケーブルは多少余裕をもっておかないとトラブルの元になってしまいます。

参照:簡単に出来るエフェクターボードの配線するときのコツ

省スペース目的なら小型プラグのものを使ったほうが良いです。

小型プラグ パッチケーブル

micro patch cable L-L

極端に安価なタイプのもの

こんな感じのです。

高級ケーブルでないとダメとは言いませんが、安物はやはりケーブルの耐久性が悪いです。

ケーブルに関しては信頼できるメーカーのものが良いかと思います。

ただ、簡単に音が出なくなるものでもないので応急処置的に割り切って使う分にはいいでしょう。

また、安いものでもカナレのGS-6などのしっかりしたケーブルなら安心して使えます。

おすすめパッチケーブルは色々あれど

以上、個人的にはおすすめしないパッチケーブルをご紹介しました。

なんか色々とdisってしまいましたが、違う使い方をすれば紹介したものも便利なものなんです。

適材適所で道具は使っていきましょう!

パッチケーブル おすすめ