エフェクターボードの中身をキレイに配線してみた

エフェクターボードの配線をキレイにして欲しいという以来を受けたのでついでに記事にしてみました。

board-rewiring-01

配線前の画像です。

音はとりあえず出る、という状態ですが、しっかり配線しておかないとノイズの元となってしまうのでキレイにしてしまいましょう!

パッチケーブル おすすめ

まずはお掃除

board-rewiring-02

最初はお掃除です。

ガムテープなどを使ってキレイにしましょう。

キレイになったら仮配置です。

board-rewiring-03

大き目のエフェクターボードなのでかなり余裕があります。

もう少し小さめのボードでもよいと思いますが、大は小を兼ねるというので特に問題ありません。

敢えて言えば運搬の手間にはなりますが、踏みやすくなりますしわざわざ買い換える程でもないかなー

左上のLS-2は私物です。

せっかくの大きいボードですので後々エフェクターを追加することを予想しておきます。

board-rewiring-07

エフェクターの固定はマジックテープでしっかり固定されています。

DCケーブルを配線する

board-rewiring-04

養生テープなどを使ってDCケーブルの仮配置です。

過去記事でもDCケーブル配線の記事を書いていますので参考にして下さい。

参考:画像で見るエフェクターボードの組み方~DCケーブル配線・固定編~

今回は買い足しはしていませんが、ex proのDCケーブルがノイズに強くしっかりした作りになっていますのでオススメです。

仮配置が終わったらタイラップを使って固定します。

DCケーブルはしっかり固定して演奏中や運搬中に外れてしまうことのないようにしましょう!

こういったタイラップベースを使うのがオススメです。

固定し終わったらこんな感じ。

board-rewiring-05

なるべくまとめて配線をするとノイズは軽減することが出来ますよ!

パッチケーブルを配線して完成!

パッチケーブルを自作し、配線して完成です!

board-rewiring-06

 

当店のマイクロパッチケーブルをお試しで使ってもらいました。

カスタムオーディオジャパン製のノイズに強いケーブルですので少しでも音質に貢献しています。

将来性を考え余裕を持たせたケーブルの長さになっています。

patch_banner_blog

感想を聞いてみました

「今回は色々やってもらってありがとうございます。

ノイズが減ったのがビックリしました。

見た目もスッキリして大満足です!

またエフェクター等を追加したらお願いします!」

とコメントをいただきました。

見た目だけでなく音質にも関わってくるので、エフェクターボードはしっかりと配線しましょう!

banner-L-Lcbanner-S-S